日本手外科学会奨励賞 田島達也賞・津下健哉賞

趣旨

 本学会奨励賞は、日本手外科学会の有能な若手研究者また優れた研究を表彰することにより、若い手外科医の一層の育成をはかり学術研究の発展に寄与することを目的とする。


沿革

 2017年に日本手外科学会創立60周年を記念して、田島達也先生、津下健哉先生の日本の手外科の発展に捧げた情熱と偉業を後世の手外科医に伝承し、学会の益々の発展を願い、田島達也賞・津下健哉賞は創設された。第1回の本賞授与式は2018年4月の総会において執り行われた。




過去の受賞者

第1回(2017年度)
田島達也賞
受賞者 小薗 直哉(こぞの なおや)
所 属 九州大学 整形外科
論 文 非対称性core sutureは対称性core sutureに比べて縫合強度を高める
日手会誌,第33巻 第3号 369-371,2016

津下健哉賞
受賞者 北條 潤也(ほうじょう じゅんや)
所 属 平成記念病院 整形外科
論 文 鏡視下大菱形骨部分切除における適切な骨切除量についての解剖学的検討
日手会誌,第33巻 第3号 267-269,2016

募集要項はこちらから  審査結果はこちらから