教育研修講演単位申請

教育研修講演について

対象講演 原則として1演題、1講師、1時間(条件は定款施行細則第6号、および教育研修講演に関するFAQ(PDF)参照のこと)
申請
できる人
学会、研究会、講演会の主催者
申請時期 開催日の6ヶ月前~3ヶ月前
申請方法

所定の書類に必要事項ご記入の上、簡易書留便で事務局教育研修講演係り宛お送りください。

申請書(WORD)  申請書(PDF)

別紙(WORD)     別紙(PDF)

認定講演の告知 学会としては、ホームページに掲載し告知します。主催者側での告知もお願いいたします。
受講証明 事務局が発行した受講証明書を必要枚数コピーして、受講者へ配布してください。
受講者は講演が終了したら一方を自身で保管し、一方を主催者へ提出します。
主催者は必ず回収した受講証明書を事務局へ提出してください。
終了報告

会の終了後は、報告書ならびに受講証明書を必ずご提出ください。

お問合せ
  1. お問合せの前に必ず教育研修講演に関するFAQをご参照ください。
  2. できるだけ、FAXまたはE-mailでお問合せください。

一般社団法人 日本手外科学会事務局

〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル 株式会社コングレ内

TEL:03-5216-5569 FAX:03-5216-5552

E-mail:office@jssh.or.jp



教育研修講演の単位申請・運用方法の変更について

2012年3月25日
一般社団法人日本手外科学会
カリキュラム委員会

 2011 年9 月25 日の定款施行細則第6 号専門医制度細則の変更に伴い、専門医手帳・研修手帳の内容が実情とそぐわなくなったことと、今後のWeb での症例登録をふまえて、理事会にて手帳の廃止が決定されました。これまで手帳にシールを貼付して各自単位の記録を管理していたと思いますが、2012 年4 月18 日開催分より、日整会の方式にならい受講証明書の半券を日手会へ、控えを各自保管するという運用に変更しますのでお知らせいたします。


変更点のまとめ
  現在 廃止後
対象講演 原則として1演題、1講師、1時間 従来どおり、詳細はHP掲載のFAQをご覧ください
申請者 学会、研究会、講演会の主催者 同上
申請時期 開催日の6ヶ月前~3ヶ月前 同上
申請事務費 1単位あたり10,000円 1申請あたり5,000円、最大10,000円
申請方法 所定の書類に必要事項ご記入の上、簡易書留便で事務局教育研修講演係り宛に送付 従来どおり
認定講演の告知 学会としては、ホームページに掲載し告知。
あわせて、主催者側での告知も依頼。
同上
受講証明 受講証明は、事務局より送付する受講証明シールを受講後に。
その際、受講証明シール引換券のフォーマットを学会が用意。
(引換券は終了後、申請者が事務局に送付)
受講証明シールは廃止。
受講証明書を事務局が発行し、申請者に交付する。申請者が必要枚数分コピー。
受講証明書はキリトリ可とし、一方を受講者保管、もう一方を申請者が回収とする
終了報告 終了後は報告書ならびに引換券を必ず提出  終了後は報告書、受講者から回収した受講証 明書を必ず提出

印刷用PDF